読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャニーズ楽曲大賞2016に投票しました

実はジャニーズ楽曲大賞に投票したのは以下の通り。

投票は以下の通り。

 

  • 楽曲部門
  1. 『24-7~僕らのストーリー~』 やっぱりウェルセクはこれだし、Sexy Zone第2章の前奏曲がカラアイとするなら24-7はオープニング曲だと思ってる。低い重低音が今までにない彼らを期待したいと思えるし、なによりファンになってから初めての曲がこれだったかた思い入れが強い。ふうま担としてはやっぱりラストの方のふうまくんは筆舌に尽くしがたい。
  2. 『But...』 ふまソロ。more...も良いけど、やっぱりふうまくんの感性が好きだなと思えたのはこっち。ウェルセクのしょりソロから一気に世界観に引き込んだあの演出は何度見ても天才だなと思ってしまう。ふうまくんは、小綺麗な冷たいエレクトリックっぽい音が似合う。
  3. 『king of chance』 west部門では一番気に入ったのはこれ。ワンチャンみたいにガシガシ攻めてる感はあるけど、攻め方が異端って気がしておもしろい。神山くんのトランペット早く見たいなぁ。この曲のきりはまが強すぎて特攻隊長感半端ない。
  4. 『Celebration!』 それまで良い曲だな程度だったけど、good time musicを見てから一気に好きになった。なんだこの曲、ちょっと意味わからないけどそれがいい。ふうまくんが良い感じに突き抜けてるのが見てて楽しい。
  5. 『Wonder』 手越祐也の歌声に殺されたいってくらいに、攻撃力の数値が振り切れてる。ついに「fantastic 4」と彼らの口から聞けて、これからも4人が作るものを見ていきたいと思った。

 

  • 未音源化部門
  1. 『情熱の色』 平野紫耀くんの歌声が好きです。ただ、やるならバトンだけでいいと思うんだ。

 

  • 現場部門
  1. 『VBB』 サマパラ行けなかったのもあるけど、とにかく神山くんに「ありがとう!」と声を大にして言いたいと思った現場だった。あのステージで魅せてくれた君の姿には、これから先期待しかないよ。

 

  • MV部門
  1. 『逆転winner cool ver』 ふつうにカッコよかった。あんなに照明が白く輝いてる中黒い衣装で踊る彼らは白に全然負けてない。最後のポーズ。あの掌の中に勝利を掴み取ってほしいなんて考えてしまった。

 

  1. Sexy Zone 5th Anniversary Best』 初めてジャケ写見た時によく分からないけど、感情がぶわっと溢れそうだった。5年経った彼らは相変わらず美しかったけど、強さも兼ね備えてて、「つよい…」としか言えなかった。

 

 

 

とまぁこんな感じ。2016年も良い楽曲に出会えますように。それともっと現場行くように頑張る。

色白アイドルに人生ブレークされた2016

気付いたら2016年が終わろうとしているんだけど、やっぱり改めて考えてみてもここ数年で極めて異質な年だったなって思うし、そもそもまさかジャニーズアイドルにこんなに熱を上げることがまた来るなんて一年前の自分は予想してない。絶対に。

 

そんな私の未来予想図をぐわぁっと劇的に変えたのは他でもない菊池風磨くん。

彼のことが好きすぎて好きで好きなんだけど正直ここまで好きになるとは思ってなかった。

ふうまくんは、時たま目を逸らしたいと思う時もあるけどそれ以上に世界には色んな場面が存在していて、その一つ一つが輝いているんだと思わせてくれる人だなと個人的に思ってて、目を逸らしたいと思う時でさえも愛しいと感じてしまう。

この前「俺のファンの子って全部好きって言うんですよ」って言ってたけど、まさにそれ。

なんだかんだ全部愛してしまいたくなる存在で、そんな存在に出会えて良かった。

 

ふうまくんの出会いというか、明確な意思を持ち始めるきっかけになったのは2015年末のМステ。その時は音楽にほとんど興味なくて、Мステ今日がクリスマスSPなのか~他に見るようなのも無いし流しで見ようって軽い気持ちで見てたら違和感を感じた。

 

「え、誰この銀髪」

 

はっきりとした色を持って私の目に飛び込んで来たのは照明によって様々な色へと変わってしまう銀色頭だった。

え、このご時世に銀?Kポか?二次元拗らせてるの?ていうか、これ誰?

なんて思いながらテレビ見てたらその人と同じ衣装の人があと4人。雰囲気的にジャニーズっぽいし、5人組でこんな若いのってセクシーゾーンくらいだろうなぁと、セクゾであることは把握。

さてここからだ。一際異彩を放つ色を持つ彼は一体…。確認していこうじゃないか。

赤いのは勝利くん。うわ、久しぶりに見たけど相変わらず顔が美しい、眉毛太い。黄色は中島くん。デビュー当時は菊池くんとそっくりで違い分からなかったんだよな。緑は松島くん…だよね?顔変わった?ピンクはマリウス。でっかくなったな?!デビュー当時お兄ちゃん組の半分くらいしか身長無かったのに!

となるとあの髪の毛は菊池くんなのか。

なんて考えながらtwitterで検索してみたら案の定菊池風磨くんで正解だった。

ちなみにその時のビジュアルがこれ

f:id:tearainss11:20161210170716j:plain

髪色特殊すぎておったまげてた頃が懐かしい。もう彼が髪色変えようと転げ落ちるほどは驚かない。

そんなこんなでへぇ~菊池くんなのか~。中島くんとそっくりだと思ってたけどもう似てないね、大人になったね。なんて思いながら画像を見てた次の瞬間だった。

「なんだこの長髪美人」

目の前にはまるで女の子みたいな綺麗な顔をした人がブレザー姿に身を包んでいる姿が。胸キュンスカッとの藤田くんだった。

とにかく美人だった。え、なにこれ、菊池くん?もはや女の子じゃん?

f:id:tearainss11:20161231120918j:plain

これさっきまで私が見てた爽やかイケメンだよね??顔がかわいすぎるぞ?髪の毛が長くて綺麗……かわいい……。

 

そこからスタートして数日後にはアメトーーーク見ながらyoutubeで彼の動画を見てしまっていた。色々と見てたんだけどJr.時代の彼がとってもめんこいとか思いながら気付いてたら紅白もカウコンも見てしまっていた。しかも後者は録画……。

ここ数年でジャニーズへの熱は完全に無くしてしまって、界隈の話題もほとんど知らないし、カウコンの録画さえもしてない私だったのに。本当に手元さえも狂わされてる恐ろしい子……。

 

そしてそこでまたもやかわいいものを見てしまう。そう、お年玉企画夢の2ショットで事件は起きた。

あの時のふうまくんのキラキラした顔は忘れられない。その前からもかわいくてかっこよくて、マリウスのところまで駆け寄る時にピースしたのもかわいいし、コラボメドレーでさらっさらな綺麗な銀色の髪の毛を存分に振り回しながら踊ってるのも、「さらっさらな髪の毛自慢したいんだね、綺麗だもんね、かわいい」って思ってた。

でもさぁ、憧れの先輩とコラボ!ってまさかそこまできらきらした顔見せてくれるなんて思ってなかった。

始まった時からもうすでに笑ってるし、動画で歌上手いのは知っててもちろん声に艶はあるんだけどあまりの嬉しさに若干音外してるのがすごく人間味があって変な話だけどふうまくんって人間らしいアイドルだなーと思った。そして歌い終わった後のきらきらとした顔。心の底から嬉しそうなのが画面越しに伝わって、彼のこと全然知らないのに「良かったねぇ」と変な親心みたいなのを持ってしまった。

菊池くん、好きだなぁ。と思ってしまった。陥落だ。

 

ふうまくんが好き。高学歴で左利きで髪色よく変えて。アイドルらしいファンタジーな人だなと思うんだけど、そのアイドル性っていうのは結構人間っぽくて。

そのアイドル性の中身は、感性の豊かさ・情熱・反骨心とかで、最初はファンタジーな部分に心を惹かれていたけど好きになるうちに人間味を帯びた部分がすごく好きになった。

特に感性の豊かさがすごく好き。ソロ楽曲の「Hello」は歌詞内に、

そっとClose my eyes... キコエテクル

街中のノイズ 風の声 君が響かす鼓動も 

 というのがあって、これがとても好き。

20歳の男の子の作り出す歌詞なら、もっと飾り気がある普段は滅多にない特別なものを盛り込んだとしてもおかしくないのに、彼の場合は街を歩いていれば聞こえてしまうようなものを入れてしまうあたり、世界の当たり前を一つ一つ大切にしているんだろうなぁという感性の豊かさが窺える。

他にもBestアルバムでカラアイのMVを見て「冬が待ち遠しい」とか言ったり、My Lovin` Seasonやmore...の一つ一つの音だったり。あの2曲、彼が音を作り出しているんですよ。

あんなに優しくて、柔らかで、繊細で、けれどどこか切なさがあって…。胸がぎゅっとするような音を作り出す若い男の子がいるんですよ。

その音は静かに涙を流せるような作りで、ふうまくんは人間の心の柔らかい部分はどこかなのか、きっと理解しているんだろうなと。

 

2015年末に私の網膜に星みたいな色を持って飛び込んできて、2016年頭にきらきらした笑顔に陥落されて……。

友達に菊池くん気になってるのって話しておいて本当に良かった。それでウェルセクにありがたく入らせてもらえて。やっぱり彼はアイドルなんだなーと思った。髪の毛がすっごいさらさらしてて、色白で、柔らかそうで。ついつい中身に注目してしうけど、外見も紛れもなくアイドルだった。

好きだなー、もっと彼が輝くところみたいなーと思ったらまさかの時かけ。始まる前に色々と思うところはあったけど、彼の覚悟は目やインタビューを見てても伝わって、やっぱり応援したくなった。

2016年夏は、紛れもなく君の夏だったよ。全部の思い出を大切にして、写真に残らない一瞬さえも大切にしてまた成長していく。そんな夏になってた気がして、より一層好きになった。

 

ふうまくんはふうまんくんという言い方は少しおかしいかもしれないけど、すごく自分を持ってて自らの信じたものをひたすらに信じて、今まで培ってきたものを惜しみなくアイドルとしてアウトプットしていく。

そんな姿が、眩しくて綺麗で、時々脆く見えてしまって…。

そんな彼だからこそ、愛したいと思ってしまったんだろうなぁ。

自担のもう一人である神山智洋くんは「愛さないといけないなぁ」と感じて、ふうまくんは「愛してしまいたいなぁ」と感じた。

感性の豊かさとかはもちろん、誰に何を言われるか予想できてるはずなのに恐れずに発言をするところだったり、自ら汚れ役をしたり。

そんな優しい強さを見て、愛したいと思ってしまったんだろうなぁ。

時々目を逸らしたくなる時もあるけど、やっぱり世界の輝きを余すことなく教えてくれる人は私にとって菊池風磨くん。

そんな彼を好きと言い続けられた2016年。

 

2017年も、菊池風磨くんのことを好きと言い続けられますように。

心美しき君の人生は実りあるものでありますように

神山智洋くん23歳の誕生日おめでとうございます!!!

 

いやー、めでたい。

好きな人の誕生日は本当にめでたい日。

23年前の今日生まれてきてくれた本当にありがとう。

 

 

私は神山くんを好きになってまだ半年も経ってないし、きっと彼の10のうちの1も知らないような人間だけれど、それでもこの日を好きな人の誕生日という認識で過ごせるのは嬉しい。

 

はぁ~、22歳の神山くんに出会えて良かった。

ブログでもtwitterでも神山くんに対して一番最初に抱いた印象ってどちらかというとマイナスで「いや、ないな」とか思ってました。

でもそこからまず重岡くんの人柄みたいなのを少し知ってじゃあジャニーズWEST見てみるかとなった時に、やっぱりどう見ても何度も見返しても何度も神山くんに目が行った。

最近気付いたんだけれど、私は多分神山くんの足捌きがとても好きなんだと思う。

だからズンドコパラダイスのステップを踏む神山くんがかっこよすぎて、「なんだこの人!?」ってなったし、好きになれたんだなぁ。

ぶっちゃけ、そこそこのジャニオタ人生においてダンスがお上手な人って好きになったことなくて、‘‘綺麗どころ‘‘とか、‘‘インテリ‘‘とか、‘‘左利き‘‘とか、そういう人を好きになっていた私にとって神山くんって未確認生物!UMA未知との遭遇!みたいな人だった。

あまりにも今まで好きになってきた人とはベクトルが違くて、最初は「いやいや」みたいな感じだったのに、どう考えても目で追ってしまって……。

「おかしい、まず目が行かない人なのに」とか思ってた私の概念をぶっ壊してきて、なんかもう本当に新鮮だった。

そこからメンバーの中で一番背が低くて「かわいい!」って気付いて、カウコンでアンダルシア踊ってるのを確認して「え!?この人すごすぎでしょ!?」って驚かされて、色々と情報を知って「頑張ってる人なんだ~」って知って。

思えばあの時から、あの足捌きを見た時から好きになってしまう運命だったのかもしれない。

 

好きになり始めた頃の私は「神山くんって今までの好きな人たちの中で異質な存在だ」って感じてたし、ぶっちゃけ今でも思ってる。

だけど実は、好きなことをしてる時はキラキラしてて、自慢出来るもの持っているのに前に出る勇気が少しだけなくて、真面目で。

やっぱり今まで好きになってきた人たちと少しずつ似てるんだなぁと。

それでも今でも君は異質な存在だよ。

だからこそ、私の世界に新しい色が加えられた気がする。

twitterでもちょこちょこ言ってて私はジャニーズ以外にも趣味(野球とかソシャゲ)があって、思い切ったことを言ってしまうとアイドルが無くとも私の人生成り立つし、困ることもないし、なんなら出費が少しなりとも減るかもしれない。

でも私の人生の中にジャニーズが無くなったらきっと世界からたくさんの色を無くしてしまう。

もう私は神山くんを知ってしまった。だから世界の色が増えたし、その色が無くなってしまったら絶対に寂しい。

私の中の世界では一色でも無くなってしまったら、他の色も灰色みたいに見えてしまう。

なんかもうごちゃごちゃしてるけれど、神山くん、君は私にとって大切な色をたくさん持ってるよ。

 

そういえば神山くんって、髪色とかファッションとか言われるけれども、それに関する考えが結構私と似てて勝手に親近感覚えてる。めちゃめちゃ勝手だけれど。

神山くんってすっごく髪の毛染める。そりゃあもう色んな色に。駄洒落じゃないよ。

対する私って実は一回も染めたことない。お手入れが~とか、お金が~とか、自分で染めるの怖い~とか表向きには言ってるけれど、一番の理由はそれが自分らしいから。

神山くんもそれが自分らしいって精神で髪の毛染めている。

その方が自分らしいからって、髪の毛を染める神山くんと、一回も染めたことのない私。

対極の行為であるはずなのにそこには「自分らしい」って意思が介入してるんだからおもしろいな~といつも思う。

ファッションも神山くんは自分らしいからを優先して所謂奇抜って格好するし、私も男子ウケとか印象とかよりも最終的には自分らしさが優先される。

だからと言ってはなんだけれど、神山くんは自分を持ってる人だな~と思う。

染めるたびに色々と言われるけれど、自分らしさを大切にする姿好きだよ。

他のメンバーより目立つ髪色だとネットで騒がれてまとめも出来るもんね!!

 

まとめって言えば逆転winnerが発売される!って時に結構迷っていて「お金がな~」とか言ってたけれど結局全種予約した自分がいた!ww

決定打は何かは忘れたけれどとにかく全種買って本当に良かった。

その何日か後にはラキセも買ってる自分がいた。自分でもちょっと引いた。

ラキセといえば、私はなかなかにホルモン~関西に伝わりしダイヤモンド~が好きなんだけれど、神山くんの「どんなことだって無駄じゃない 燃え上がれるかは自分次第」にとっても勇気付けられる。

ジャニオタやりながらたまに「こんなジャニーズにお金使って無駄にならないかな」と思うけれど、そのフレーズを聞くとどんなことも無駄じゃないんだ~!って思えるよ。単純すぎる話ではあるけれど。

 

そうえいば私、実は少し前というか今年が始まってから数カ月くらいちょっとした人生の岐路みたいなところに立っていて、朝起きた瞬間から色んなことに頭悩ませて夜寝る瞬間までずっと不安を抱えていて結局寝てる瞬間しか心が安らがなくて、ナイーブになってどうしようってなって、珍しくお母さんと喧嘩したり、父親に罵られたり、おばあちゃんに諭されたりで家族であるはずなのに周りが敵みたいに見えて、リビングで家族揃ってても誰とも話したくなくてずっとパソコンの画面と睨めっこして、耳にイヤホン入れて外界をシャットアウトするみたいなめちゃめちゃやばいやつみたいな感じで、それを自分で認めてしまってるからパンクしそうな部分があって、なんて言うか現実が辛いみたいな心地で過ごしてた。でも神山くんがアイドルとして輝いているところを見ると元気が出て、頑張ってるところを知ると私も頑張らないとって思って、思い描いていた生活とは少し異なっちゃけれど、とりあえず自分らしくは生きられてるかなって思ってるし、それこそ「どんなことだって無駄じゃない」から、その時の苦しさを振り返った時に大変だったけど、色々と悩んだから今の自分に繋がってるんだなって思えてる。

ありがとう神山くん、君のお陰でどんなことも無駄じゃない精神で生きられてるよ。

 

あ、あと、VBBとりあえず2公演は入れるんだ!

とにかく最初の方は当たらなくて「やっぱりこんなぺーぺーじゃだめなのかな…」みたいな感じでちょっと凹んで、その日の夜はセブンの5個入りから揚げ買った。ちょっと店員さんに対して喋り方良くなかった。ごめんなさい。

どうしよう~やっぱり行けないのかな…やっぱり引きこもりオタクは引きこもりなのか…?今年の夏は好きな人が輝く夏なのに私は何してんの…?ってナイーブになってたんだけど、でもそのあとに一般でなんとか一公演取れた。ネットでやってたんだけどチケット確保までが本当に遅くてめちゃめちゃ祈ってた。

良かった!とりあえず一公演は行ける!神山くん見れる!って喜んで、神様ありがとうって毎日神棚にもお祈りしてた。

そしたら1週間後くらいに友達から急に連絡来て「神ちゃんの舞台どうなった?」って聞かれて「とりあえず一公演入れるよ~」って返したら、まさかのチケット余ってるらしいんだけど連絡だった。

バイト先の事務室でご飯食べてる時で、扉開ければ誰かしらいてもおかしくないみたいな状況だったんだけど「え!?は!?ヴぁ!!??うぇぇ!!??」みたいな変な声上げてドキドキしながらやり取りして、なんと長野公演行けることに。

長野公演はプレビュー公演だから望みすごく薄かったのにまさかの形っていうか、友達の友達がチケットあるみたいな感じで行けることになって本当に神様ありがとう、神山くんありがとうって思った。

そのあと絶対ににやにやしてた。だってレジ打ってる時にお客さん結構にこにこしてたもの。

でもとりあえずまさかのプレビュー公演行けることになって本当に嬉しかった。

神山くんを好きになったのが本当に最近だからラキセ魂か~とか思いながらもう終わって、ワクワクも倍率って壁に勝てなかったから、まだ肉眼でお姿を見てないんです、実は。

まさか初めて肉眼で見れるのがすごい面子に囲まれた舞台って本当に贅沢すぎる。

私こんなに贅沢していいのか…?とか思いながら大阪公演も一応申し込んだ。

当たるかどうかは神のみぞ知る。

でも一公演入れるだけでも嬉しい。ネットで調べてて、新感線のチケット取るのは難しいって知恵袋の回答見つけて凹んで、本当にどうしよう~ってなってたから、とりあえず一回は見れるってのが確定した時の嬉しさは特別だった。幸せはいつでもスペシャルだったよ。どんなことも無駄ではなかったよ。

 

真冬に生まれた人間のせいか、夏って季節が本当に嫌いで夏が来るたびに「夏なんていらない」って言うような人間だけれど、好きな人の誕生日が夏ってだけで、ほんの少しだけ夏もいいかもしれないって思えたんだよ。神山くんのお陰だよ。

夏から舞台だから夏が楽しみって久しぶりに感じられたよ。

どうでもいいけど、神山くんの誕生日のちょうど半年後が自分の誕生日です。どうでもいいけどほんの少しだけ親近感感じた。

 

 

突発で書いてるから全然まとまってないや。でももう少し続きます。

 

神山くんが大好き。

真面目で、アツくて、器用で、でも不器用で、持ってるものがあるはずなのになかなか多くの人の目に見てもらうタイミングが掴めなくて、でも多くの人の目に触れるとやっぱりみんなすごいって思うし、ダンス上手いし、足捌きすごいし、フォーリアばっちり決めるし、歌声綺麗だし、歌ってる時は自分がアイドルだって武器を振りかざす姿が眩しすぎて、優しいし、柔らかいし、感謝を伝えたい人で選べなくてメンバーって書いちゃうし、かと思ったら本人以外神山くんだし、昔話コーナーでめっちゃ女性役やるし、女の子の格好した断然私よりかわいいし、モノマネのクオリティ高いし、メンバーと並ぶと小さいし、黒マスクするくせに人見知りだし、意外と胃袋に食べ物詰め込めなかったり、笑うとえくぼ出来るし、前歯がうさぎさんっぽし、すぐに髪の毛染めるし、抜け落ちても結局染めるし、運動神経いいくせに球技が何故かできなくて、でもやっぱりダンス上手すぎだし、たまに拗らせてるなぁって時あるし、そのせいか歌う歌詞に重みがあるし、努力を怠らないし、青春時代と言う一瞬しかない時間を色んなことを捧げて、今こうしてデビューして、私が神山くんを知れて本当に良かった。

歴が短いから当たり前だろって言われるかもしれないけれども、神山くんを好きになって後悔した瞬間なんて一瞬もないよ。いつでもどこでも好きで良かったって思わせてくれる。神山くんすごいよ。

私にこんなに好きって思わせてくれてありがとう。

 

中間さんに抱っこされてるかわいさも、はまちゃんとのほわほわオーラも、あきとくんにもんちって呼ばれるのも、重岡くんと戦友のような親友のようなシンメの関係で野球やったことないくせに金属バット買ったのも、流星くんの神ちゃんかわいいって視線に一向に気付かないのも、のぞむくんとのかわいいかわいい言い合える関係も、全部全部好き、大好き。何一つとして失いたくなくて、今こうしてこれらが存在してる世界で本当によかった。

過去の話を掘り返すのもだけれど、扉を開けなかったとしても私にはぶっちゃけ関係ないしきっと神山くんを知らないまま生きていった。

でもこうして扉を開いて、偶然目に止まったからこんなにも好きって思えて背中を押してもらえてる。本当にこの世界にいれて良かったよ。

本当にありがとう。幸せはいつもスペシャルでどんなことだって無駄じゃないよ。君のお陰でそう思えるよ。

 

7月1日の誕生花を調べてたらいくつか出てきたけれど、松葉菊は「忍耐」ポピーは「七色の愛」、クレマチスは「心の美しさ」、フェイジョアは「実りある人生」なんだって。

どれも神山くんにぴったりで、この日に生まれるべくして生まれるたんだなって改めて感じた。

それと誕生石はアクアマリンで色んな意味があるけれど、「人生に迷った時に光を照らす」っていう役割があるんだって。

あの時確かに迷っていた私の光になってくれてありがとう。

別名は天使の石らしいよ。

それと7月1日は「こころの日」なんだって。

柔らかくて優しい神山くんにぴったりだと思った。

今日という素敵な日に生まれてくれてありがとう。

 

この先も君に背中を押されると思う。

だから私も君の活力に少しでもなれればと思います。

 

まず神山くんが見ることはないけれど、私は願うよ。

どうか今日という日が、君にとって柔らかくて明るい日でありますように。

そして心美しき君の人生が実りあるものでありますように。

 

大好きな、「優しくてかわいくて、小さい子。」へ。

あなたはだれ?-この曲で菊池風磨くんを彩ってほしい4選-

サマパラのそれぞれの公演のタイトルが決まりましたね!!

 

風 are you?

 

菊池くんはこれまたこ洒落たタイトル。

音のままに読んで解釈すると「あなたはだれ?」という意味になりそうだけど、物語性を重視する彼だからまた物語を交えながらステージを作っていくのかな。

 

まぁ私は行けないんだけどな。

 

見事に全滅だったZE☆N☆ME☆TSU。しんどい。

このままだとお盆が終わったころには干からびてるかもしれない。しんどい。

一応神頼みは毎日してたんだけれど今回は届かなかったらしい。しんどい。

あとどれほどの徳を積めばいい??教えてくれよ???

 

松島担の友達から「復活当選あるかもしれないから」と励まされたから、とりあえず望みはめちゃめちゃ薄いけれども神頼みはしてる。継続is大事。

 

というかもう求肥作ってお供えするよ。

 

 

作る素が今無いからそのうち買う。作ったらついったに上げるので誰か笑ってやってください。

 

 

そんな今のところ待機組な私ではあるけれど、「ふうまくんこれ歌いなよ!」って言う権利はあると思ってるし、こうしてほしいな~とかを述べるのは自由ということで、今年の夏はこれを歌っちゃいなよ!4選をやります。

 

今のところ行けなくたってリクエストを述べるのは、ええじゃないか~!!

 

ということで菊池くんこれ歌いなよ4選やります。

言霊は信じる方です。

 

 

 

  • ジェットコースターロマンス/Kinki Kids

これ先に言わせてもらっていいですか?

 

けんてぃー羨ましいな!!??

 

やっぱ自担にキンキ歌ってほしいってオタクの夢じゃん??(異論は認めます)

ジャニーズメドレー知った時に最初に出てきた言葉が「けんてぃー羨ましい!!」だった。

(ぶっちゃけギンギラギンにさりげなくっていつでも歌えると思うんだけど)

 

やっぱり夏といえばこの曲の一つに入ってくるジェロマは歌ってほしい。

ジェットコースターロマンスってタイトルだけで良い。まさに輝かしくあっという間に過ぎてしまう夏ってかんじ。

 

波はジェットコースター

素敵な風を集めながら

君をさらいたい いいだろ? 

 

耳をつんざくようなサンバホイッスルから始り、ジェットコースターに乗ってると錯覚するような音階の羅列を聞いたあとに「君をさらいたい」なんて言われたらさぁ…。

「さらって!」なんて言いたくなってしまうよ!

「いいだろ?」の部分は美声を張り上げて声高らかに歌ってほしい。

 

君を愛してる

守る誰かができた時に

男って強く変われる 

 

こんな素敵な歌詞歌ってほしいよ~!!

私は菊池くんがこの歌詞を歌ったらときめいてしまうよ。

彼のソロ曲はなかなかド直球に「好き」とか「愛してる」は語りかけてこないから、たまにはストレートに愛を叫んでもいいと思う。

そんな菊池くんも愛したい。

 

セトリとしては序盤の方で歌ってほしい。

なんなら2曲目とか。

やっぱり1番最初は自分のソロ曲で「ソロ公演だ」って思わせて、からのジェロマで「夏だ!!」って思いたい。

 

 

 

やっぱ自担にキンキを歌ってもらうのはオタクの夢。(2回目)

タイトルなだけあって、頭に小さな王冠なんて被ってほしいなぁ~。

剛くんのフェイクの部分も歌ってくれたら尚嬉しい。

「皆さんの背中を押せるように」としばしば語る彼だからこそ、こういう朗らかとして背中を押してくれるような歌詞がとっても似合うと思う。

 

大丈夫 地球はちゃんと回って oh my shine

明日をくれるから 

 

この歌詞を歌ってくれたら辛いことがあっても頑張れる。

君が言うんだから何があっても地球はちゃんと回ってるし、朝が来たら太陽はちゃんと昇る。

 

そう、たとえサマパラ全滅しても地球は回っているんです。

 

辛いことがあっても菊池くんが夏の王様を歌ったから頑張れるよ~!って言いたい。

菊池くん、夏の王様歌おう。

 

あとサビの振り付けもかわいいから、サビだけでもいいから踊ってほしいなぁ。

 

 

 

  • Fiesta/NEWS

個人的な趣味。

fiestaとはなんぞや?という方はTPPENの通常版を借りてみてほしい。

タイトル通りお祭りっぽい曲というか、お祭りというよりかはカーニバルとかの方がしっくり来るかもしれない。

pacificで手越が何故か一人だけ空中ブランコに乗って歌っていたあの曲。

作詞作曲があのVanilla。そう、オタクが好きそうな感じ丸出しの曲。

 

いつまでも君に甘えてばかりの僕じゃないと教えてあげる 

 

21歳の菊池くんが歌ったら相当物語性あると思いませんか~!?

今この歌詞が似合う21歳の男の子って彼しかいないと思うよ!!

教えてくれ~!大人になった君がどんな景色を見せてくれるのか私は知りたい。

 

Shake Shake Your Body 仲間も集まれば

僕らだけの夜 永遠のFiesta 灼熱のDANCE DANCE DANCE 

 

今年のバックはどうなるのかな~。

今年も仲間たちとステージという一つの物語を作るであろうからぜひとも、仲間たちとお祭りのように盛り上がるものになればいいな。

 

セトリとしては中盤がくらいで、一瞬ステージが暗転してイントロが流れ出した瞬間にライトアップしてほしい。

本当は空中ブランコって言いたいところもあるけれど、多分そこまではできないだろうからとりあえずみんなで楽しそうにやってくれたら良し。

あとフェイクは気持ちよさそうに声張り上げてほしい。

「ウォーウォーウォウォーウォー↑」みたいに。

 

 

 

来ました兄貴の曲。

やっぱさ、sugar and soltを歌ったんだからこれも歌うべきだと思うよ私は。

まだまだ発展途上の未知の途中であるアイドルである菊池くんがこれからの未来を夢見ながら歌ってほしいな。

 

道なき道を歩いていく

迎合せずただマイペース

いま言える いまならば言える

蒔いてた種たち咲いてく 

 

ちょっと勘違いされやすい彼だけど私はそんなところも‘‘らしく‘‘て大切にしてほしい個性だと思うから、自分なりに道を歩いてほしい。

なんてことをメロディーに乗せられて歌われたらもっと好きになるしかないよ!

まだ種を蒔いている途中だろうけれど、その種たちが綺麗な花を咲かせてほしい。

 

個人的に本家の一番最初の語りが好きだから、それを完コピとまではいかないけれど歌詞語りをする菊池くんかっこいいだろうな~。

本人もそういうの好きそうだし、世界に入り込んでくれそう。

 

 

 

とまぁここまで風 are you?でぜひとも歌ってほしい曲を挙げてみました。

菊池くんは絶対にこれを見ないだろうし、最終的に本人が何を選ぶかは本人次第。

それが最高の形になって夏の思い出になったら万々歳。

 

まぁ私は今のところ行けないんだけどな。

 

私の8月がどうなるかは神のみぞ知る。

 

 

P.S.

summer paradice菊池風磨くんの公演のチケット探しています。

公演日及び時間はいつでも大丈夫です。

心当たりある方はご一報ください。

一寸先は極彩色‐時を超えた世界で君は何色に輝くのだろう‐

高校時代、現代文の授業を受けていたら思わず「えっ」って言ってしまいそうなことがあった。

全然大きなことじゃなくて本当に小さなことなんだけれど。

現代文の先生が「極彩色」を「ごくさいしょく」と読んでた。

「ん?今先生間違えたよね?あれ、でも普通の顔して文章読んでる…」

結局授業が終わった後もそこには何も触れないで先生は教室を出た。

すぐさま辞書を引いたらやっぱり「ごくさいしき」としか記されていなかった。

当時の私には「間違えてましたよ(笑)」なんて言う勇気は無かったらしい。

でも委員会の顧問の先生で、当時は委員長と顧問って関係でそこそこ話してたんだから言っても良かったのかもしれないなぁ。

今さら後悔しても遅い。

少年時代でお馴染みの井上陽水があかずの踏切って曲で「ごくさいしょく」と歌っているらしいから、もしかしたら先生はそれを聞いていたのかもしれない。

見た目はめちゃくちゃ体育会系で運動部の顧問だった国語教師で井上陽水と結びつかないけれど。

 

 

 

 

なんて思い出話から始まりましたが、この度はtwitterで実施したアンケートへのご協力ありがとうございました!

 

 

  • アンケートとはなんぞ?な方のためへ。

神山智洋くんが舞台『Vamp Bamboo Burn ~ヴァン!バン!バーン!~』に出演するということで、(超個人的偏見で)髪の毛といえば彼なので舞台ではどんな髪色にするんだろうという疑問から実施してみたもの。

 

 

結果はこちら!どん!

 

実施期間は3日。深夜くらいにふと思い付いてTLに流してみた。

フォロワーさんがそこまでいないので「まぁそんな票集まらんだろ~。10票くらい集まったら良いかな~」とか思ってたら13票集まった。ありがとうございます。

アンケートなんだからもっと集められるだけ集まった方がいいのだろうけど、データを取るとかではないから。

 

票数とパーセンテージを照らし合わせてみると、「黒色」と「赤色」に2票、「それ以外」に1票、残り全て8票「金色」。

 

金色すごい人気だな!私も金色だと思ってるけれどw

 

ちなみに何故私が金色かと予想しているかは、VBBの公式サイトで生田斗真さん(と思われる人)がV系のビジュアルでものすごく色素の薄いロン毛でポーズを決めていたから。

フォロワーさんともそんな話が出たから、やはりメインビジュアルの印象強し。

あとは吸血鬼というワードが強烈に印象に残ったというか、実施したのが6月4日でまだこの時はあらすじとか配役とか何も発表されていなかった。

やっぱり吸血鬼って西洋の空想上のキャラクターだから、西洋っぽい色なのかな。みたいな。

ちなみに締め切りの数時間前に配役とかあらすじとか発表された。タイミングが良いのか悪いのか…。いや、きっと悪かったんだ。

 

とはいえ、金色では無いのではという説も自分の中である。

お前さっき金色だと思うとか言ってたじゃないかよ!って突っ込みは受け止める。

というのも、今回の舞台は8月の上旬を皮切りに始まり千秋楽が10月終わり。なんて長丁場。

その間2ヶ月。

 

2ヶ月あったら何回髪色変えるだろう…。今年なんて金髪から野球大会では若干暗くマイナーチェンジして、そこから2日後の音楽番組ではまたもや金髪。

おいおい、いくらなんでも遊びすぎ。と突っ込みたくなった。頭皮はお大事に。

ちなみに私は彼の毛髪がもう抜け落ちないように、最近ではせめてもの気持ちで神仏にお祈りするようになった。次元を歪める力は持っていないので、神頼みするしかない。継続は力なり。

 

もし金色だとしたら2ヶ月間ずっと金色でいなくてはいけない。(昔舞台の1部と2部の間で色変えたって過去もあったけれどそれはもう特殊すぎる)

そうだとしたら今頃は髪色を遊んでる可能性だって大いにあるんじゃないかな。

この説を含めて「金色ではないのでは…?」と考えた。

 

そしてアンケート締め切りの数時間前に発表された配役。

そこで見た名前は純和風なお名前。

「ん?ホタル?蛍太郎?めちゃくちゃ日本人だな???」

生きている時代も今は昔、竹取の翁といふものに竹を割られてなよ竹のかぐやが拾われたという物語が成立されたと思われる平安時代

日本人×平安時代

これはもしや…なんて考えが頭によぎった。

 

そして某雑誌の公式twitterで裏話でツイートされていた内容……。

これらを照らし合わせると…?

 

 

んー、これは分からなくなってきたぞ。

そういえば確か一番最初に情報が出たのが2月ごろ。もう早4ヶ月だ。

4ヶ月経つというのにも関わらず、まだ舞台は始まらないし(チケット争奪戦は始まっている)、終わるのなんて10月だ。なんていう壮大なプロジェクト。

我々ファンはまだまだ心を揺れ動かされる。

そして神山くんの髪色にも。

 

 

とにかく夏が楽しみだー!

夏なんて、暑いし湿気ひどいし日焼けするし食べ物すぐ悪くなるし炒め物とか出来ないしなにより食欲出ないしで、夏なんていらない!って思っている人間だけれど、今年の夏は違う。

こんなにも楽しみな夏は何年ぶりだろうか。なんとか観に行けることもできそう。

好きな人が最高の夏を過ごそうとしているのだから、私だって最高の夏にしたい。

 

極彩色の世界で、好きな人が眩い輝きを放つことが出来ますように。